top > ビル管理会社について > ビル管理会社の仕事内容を確認しよう

ビル管理会社の仕事内容を確認しよう

 ビル管理会社の仕事につきましては、ビルメンテナンス職と呼ばれておりビルの設備をスムーズに利用することができるように正常化しておくことが主な仕事内容になります。管理するビルにより少し異なってきますが、 電気系統そして、消防系統さらに熱源系統や通信系統 と大まかに分けられます。
非常に大きなビルでは何人かの人が手分けして個々の系統を管理下に置くこともあるでしょう。しかしながら、大きくないビルにあたっては一人の管理者があますところなくマネジメントしているケースも少なくありません。専門的な部分は各々の製造メーカーに委託するとしても、空調の利きが悪いからフィルター掃除したり、防火設備を再検査するなど行うことはたくさんあると言えます。さらに、個々の系統に関してある程度の広い範囲の知識も必須です。

 ビル管理の仕事に関しては勤務する時間は非常に長いですが、さまざまなトラブルが起きないと管理室において待機とでもいうべき仕事内容の場所も非常に多く、試験勉強をするにはうってつけの勤め先と言えます。ビル管理に必要不可欠の資格といいますと、建築物環境衛生管理技術者、いわゆるビル管理技術者になります。国家資格の為、自分のものにすればビル管理だけでなく、維持管理業務のプランニングを考えたり、実践できるでしょう。
しかしながら、こちらの資格試験を受けるためには学校、あるいはデパートといった店、映画館といった商業施設において2年以上現実に仕事に就いた経験がなければいけません。その為、この資格を手にするためにはまず第一にビル管理の実際の仕事につかなければいけません。実現するには電気系統、あるいは消防系統といった資格を取ると、ビル管理の仕事に採用され易くなると言えます。

 ビル管理の異なる仕事と比較してのアドバンテージは、求人そのものが相対的にあるということがあげられます。 これに関しては、新聞、あるいは折込チラシの求人欄並びにハローワークにおいて求人されている社員募集を見ても、他に照らし合わせて豊富さ は際立ちます。それだけ ビル管理の仕事のニーズに対して、社員になる人の供給が追いついていないといえます。
建物が次から次へと建てられると、建物そのものの管理が要されます。 建物が消失することはないので、この部分では仕事が一定数あるということがアドバンテージといえます。別の職種においては40代以上になると仕事に就くこと自体が困難になってきますが、こちらの仕事は定年後の再就職だったり、キャリアアップだったりとある程度の年になったとしても雇用されやすいといえます。

次の記事へ

PAGE TOP