top > ビル管理会社について > ビル管理会社の失敗しない選び方!

ビル管理会社の失敗しない選び方!

 ビル管理会社につきましては業者毎にサービスの中身が異なってきます。精力を注ぎこんでいることにも相違があるので、要望していることに見合った業者を選択することが、失敗しない選び方の重要なポイントです。 まず第一に管理会社の築いてきた歴史及び経験値を見るとことが重要になります。
管理会社そのものもマンパワーをキープしマネージメントされることもありまして、当然実績といわれるものは契約を交わす上で非常に大きな判断材料となってきます。とりわけ、大きい小さい、多種多様なマネージメントの経験を持った業者に関しましては、包括的に管理する最良の方法を作り上げていることもあって、いざという時の順応性が非常に信用できるということがあります。このような意味合いからも経験値や築いてきた歴史とは肝要になってきます。

 それから、重要項目説明書で見定めをするということです。契約を交わす前は、管理会社が重要事項に関しての説明を実行しないとなりません。説明を行なわない時点で信憑性がないと考えることが不可欠です。説明を耳に入れずに契約を行なうと後になって酷い目に会うケースがありますので、契約を締結する前に重要事項を理解しておくことが大切になります。 さらに、実際的な内容のチェックをすることです。
契約に対して同意する前に中身の検証をして、納得した上で契約を交わすことが求められます。 ビル管理と簡単に言いましても、多種多様な点検、あるいは清掃などが挙げられます。法的ルールがあることはもちろんですが、清掃につきましてどういった範囲までフォローしてくれるのか明白にしておくことが不可欠になります。

 それから、契約の中身及び委託費そのものが適正なのか等をプロフェッショナルと言えるマンション管理士にアドバイスを貰い、検討することもひとつの選択肢としてお勧めできます。さらに、いくつかの管理会社、具体的には大会社の事業主系統そして、独立系統の管理会社、さらにその地域の管理会社等から見積書を取り、プロの助言をきいた上で判断することも必要不可欠です。大手管理会社では管理組合より見積依頼を享受しても、マンションのスケールにより拒むケースもありますので、留意しましょう。
そして、管理組合の質問に対しての、対応の振る舞いとスピードを確認します。エレベーターの故障という様な緊急事態が避けられないことがあります。その時に、スピーディーに駆けつけない管理会社では困ります。委託前とはいえ、問い合わせのサービスが遅いケースや、不親切な場合は後のトラブルの原因になります。

次の記事へ

PAGE TOP