top > ビル管理会社について > 信頼のおけるビル管理会社を選ぶ時のポイント

信頼のおけるビル管理会社を選ぶ時のポイント

ビル管理会社は、建物の機能を維持することはもちろん、従業員や顧客の安全を守るうえで、様々な役割を担っています。
最近では、ビルメンテナンスを専門とする会社の事業内容に関して、各業界で大きな注目が集まっていますが、全国的に特に警備や清掃などの業務に特化したサービスが行われている会社への依頼件数が増加しています。
数あるビル管理会社の中でも、顧客対応に力を入れているところは、24時間の相談の受付が行われているところも少なくありません。
また、専門的なスキルを持ったスタッフの採用や教育のシステムが整っているところに依頼をすることで、様々なニーズにしっかりと対応をしてもらうことが可能です。
もしも、ビル管理会社を賢く選びたい時には、それぞれの会社の得意とする事業の特徴について、見極めることがとても大事です。



ビル管理会社の乗り換えを考えているなら

個人でビルを管理するのは大変です。
この場合、大抵の人がビル管理会社に委託しているはずです。
だけど、状況によって他の業者へ乗り換えを検討するならどの点に注目すればいいのでしょう。
ちなみに乗り換えの理由は経費節減が多いです。
さらに大抵のビルが賃貸関係でしょう。
賃貸だと借り手がいなくてはビル経営はうまくいきません。
ビル管理会社に委託しておけば殆どの業務を行ってくれます。
結局、任せて安心できる会社がビルを持つ人にとって理想的な会社です。
そこで乗り換えを考えているのなら現在のビルの状況を把握しておきましょう。
大抵の理由が経費削減のはずです。
それに品質の大幅改善 やコストダウンを考えているならまず、依頼する会社との事前に念密な打ち合わせが必要です。
大抵の場合、会社側で幾つかのプランを用意しています。
依頼者はその中から自分の持つビルにあったプランを選ぶだけです。
乗り換えの場合、手続き等も発生します。
その件も依頼した会社と相談しつつ、対処しましょう。



ビル管理会社が手掛けている業務内容

ビル管理会社が手掛けている業務は、ビルの安全性と快適性を高めるための業務であり、ビル設備の保守点検やテナントからのクレーム処理、オーナーとの折衝などが主な業務です。
ビル管理会社の最も重要な業務はビル設備の保守点検であり、定期的に保守点検を行うことによって、ビルの安全性を守ります。
ビル管理会社にはビル設備管理技能士や第二種電気工事士、ボイラー技士などの資格を持っている社員が在籍しており、専門知識と専門的な技術でビルの保守点検を行います。
保守点検を徹底的に行うことでビルの安全性が高まり、テナントは安心して業務を行うことができます。
テナントからの要望やクレームを処理することも重要な業務であり、テナントとオーナーとの橋渡し的な業務も行います。
ビルの大規模修繕工事などは専門の工事会社に依頼しますが、業者の選定なども業務として行います。

次の記事へ

PAGE TOP